NOVESTA SUPER HIGH CUT BY WALTER VAN BEIRENDONCK 2019SS

ベルギーのアントワープを拠点と活動する、Walter van Beirendonck(ウォルター・ヴァン・ベイレンドンク)による2019SS COLLECTIONが発表。NOVESTAによるシューズが登場しています。ウォルターによってデザインされたシューズは、STAR DRIBBLEを超ハイカットにしたロングブーツ状のスニーカーです。
Photo by VOGUE RUNWAY

Walter van Beirendonck
ウォルター ヴァン ベイレンドンクは1955年生まれ。アントワープ王立芸術アカデミーのファッション科卒業。
86年、アントワープ王立美術アカデミーのファッション科を卒業した学生6人がロンドンコレクションの「ブリティッシュ・デザイナーズ・ショー(展示会)」の「アントワープの6人」展に自身のブランドを率いて参加。ANTWERP SIXの一人。93年から99年(2000S/S)まではブランド”W&L.T.(Wild&Lethal Trash)”をパリで発表。
その後、2001年にブランド”Walter van Beirendonck”を立ち上げる。現在はアントワープ王立芸術アカデミーでファッションを教えている。彼のもとでWim Niels、Raf Simons、Bernhardt Willhelmが研修、アシスタント等を経験。Demna Gvasaliaを始め、彼の下で学んだ学生が活躍るなど、指導者としても多くの実績を残している。